遠距離恋愛の寂しさを紛らわせるためにオナ電を利用しています

付き合って3年になる男性がいるのですが、彼氏の仕事の都合で遠距離恋愛になってしまいました。
彼氏の新しい職場はここからかなり離れていてお互いの住んでいる場所の中間点で会うにしても2時間ほど掛かりますし、そのうえ忙しいらしく休みさえ取れないとのことでなかなかデートもできません。
そんな事情で実際に会う機会はだんだんと少なくなってしまいました。
もちろん私は彼氏のことが好きですが、会えない間セックスができないことでモヤモヤした気分が溜まってきていました。
かといって男性のように性欲の発散できる女性向けの風俗店などほとんどないですし、見知らぬ人と行きずりの関係を持つなんてこともできるはずありません。
そこで考えたのがオナ電なんです。
最近はインターネット上にオナ電サイトなどもあり、すぐに相手を見つけることができるんですね。
オナ電ならその気になればいつでもできますし浮気にもならないですから私にうってつけとばかりに、早速オナ電サイトに登録してみました。
はじめてのオナ電は10歳年上という男性でした。
彼はこれまで何度もオナ電を経験していたらしく、慣れた口ぶりで私を快感に導いてくれました。
それからというものは毎週末オナ電サイトを利用していろいろな人と楽しんできました。
そのせいかこの間久しぶりに彼氏に会ってセックスをしたら、「何だかこれまで以上に感じやすくなったんじゃない?」って言われてしまいました。
もちろんオナ電を楽しんでいるなんて内緒ですから「久しぶりだから興奮しているの」と誤魔化しておきましたが、これからも彼氏に会えないときはオナ電を楽しもうと思っています。

出会い系で知り合った男性とテレエッチ

前に付き合っていた彼氏と別れて、3年経ちました。
3年経ってさすがに新しい彼氏がほしいと思い、出会系サイトに登録をしたのです。
そこで知り合った、メル友の男性と最近オナ電をしたのです。

メル友になってから2,3ヶ月仲良く普通にメールをしていたのですが、ここ最近、エロいメールが中心になっていました。

「欲求不満なの?」と聞かれて、私は軽く「そうかも~」なんて言うと、「じゃあ電話でエッチしてみる?」と言われました。

実際に会ってエッチするとなると、始めてだったら警戒するかなと思って。
と、私のことを配慮してくれたようです。

正直、私は会ってセックスをすることを期待していたんだけどな・・・。

でも、実は彼は、オナ電を経験済みで、結構好きなんだそうです。

いざオナ電が始まると、彼はなれたような口調で、私に指示出しをしてきました。

まずは脱ぐように指示をされ、服を脱いだら、思い切り足を開くように指示をされました。

耳元でエッチに囁かれる声を聞いて、私は、どんどん興奮して濡れてきました。

「もう・・・濡れてるよ、エッチだね。俺ももう起ってるよ」

「乳首刺激して。あ・・・っ」

「気持ちいい?」

「・・・うん・・・」

「俺が舐めてるの想像しながらいじってごらん」

本当に舐められているみたいでした。

「あっ・・・ああ・・・」

目を閉じて、想像しながらいじっていると、本当にされているみたいで気持ちよかったんです。

彼に指示をされ、最後までイかされた私。
彼から、実際に会ってやってみたいと言われたのですが、結局私は度胸がなく、彼とのやり取りをやめちゃいました。